日々のトレンド・NEWS・耳より情報をピックアップ

日々の様々なNEWS、出来事、情報、トレンドをあなたに代わってピックアップしています

まともな人生ってどんな人生でしょう?

年の始に一年の目標を立てる方も多いでしょう。

今年は漢検一級合格が目標とか、大学受験や資格取得など様々あるでしょう。

中には「まともに人生を生きる」のが目標という人もいるかもしれません。

薬に手を出して謹慎している人もいるかもしれません、人それぞれ様々の事情を抱えて生活していますから目標も様々有るでしょう。

「人生脇道にそれずに目標に向かってまっすぐまともな人生を送れればそれで良い」

こんなふうに思っている方もいるかもしれません。

それでは「まとも」とは?

まともに生きるって?

「まとも」とはで調べると「正面」という意味と「真艫」という漢字が出てきます。

「艫」はトモと読み船のウシロの場所を指します。

船のウシロの位置です。

ということは、正面と真後ろとは正反対の意味になるのではないでしょうか?

「まともな人生」とか「まともな生活」とか「まともに風を受ける」などは真面目な人生とか正直な生活とか正面から風を受けるという意味になるかと思います。

体の正面で受け止めるという意味です。

それでは「真艫」はどんな使い方の時使うのでしょう?

「真艫」と言う漢字の意味はどんな時に使うのでしょう?

「俺の人生まともに行っていれば一国一城の主になっていたかもしれないよ」とか言いますよね。

この使い方の時「真艫」になるんですね。

後ろからの追い風があれば・・・・・こんな意味合いでしょうか。

風向きが変わって追い風ではなくなってしまったから、だからうまく行かなかった。

順風満帆の追い風を受けて順調に来ていたのだけれど横風が突然吹いてきて横道にそれてしまって・・・・・

こんなことですね

「まとも」という3つの文字から真逆の意味になってしまいます。

まともに考えたい言葉ですね。




「要」が「蟹の目」に通じるとは、知ってました?

私は以前腰を痛め今でも腰痛ベルトをして腰には万全の注意を払っているため「月」と「要」の漢字の意味を実感していましたが、今日のテレビ朝日系「グッド!モーニング」の林先生のコーナーで新しい発見をしました。

通常「要」は「扇」の沢山ある骨をまとめている『釘』の事で大事なことや中心になって特別重要なな役目を果たす物や事態を指すもの

こんな風に覚えていました。

最初に上げた腰も「月」は体で体の重要な部分、中心となる部分という意味で、腰を傷めた数ヶ月間は何をやるにしても腰に激痛が走り本当にこの漢字を作った先人たちの賢明さに感服したものです。

それに加えて今日の番組では「カナメ」の語源は「カニノ目」から派生しているというクイズの答えでした。

一瞬「エッ」と思いましたが確かに ●  ● 扇子のカナメの部分を横から見たこの ●  ● の感じとカニのイラストなどに描かれているカニの目も ●  ● こんな感じですよね。

肝心要、肝要、必要、要職 要所などと使われる漢字の意味とは違った見た目の受けるイメージから来たその語源。

とても面白かったので番組を見損なった人のためご紹介させて頂きました。




重複表現の日本語使っていませんか?

最近どうも耳触りな言葉があります

「半端ない」と言うことばです。
「半端ではない」「半端じゃない」と同意語でしょうがいつ誰が言い始めたのか知りませんがどうも耳に馴染みません。
何でも略して短く言う風潮のようですがこんな二文字略したってしょうがないと思うのですが、カッコ良いとでも思って使っているのでしょうか。

さて、本題に移りますが、上記のように略した使い方ではなく同じ意味の言葉を2つ重ねて使っている言葉があります。

自然に出てきて使っているのですが聞く人が聞くとおかしい使い方をしていると思われますので注意が必要です。

1)俳優のOが今日明治神宮で挙式をあげました

これなど意識しないで使っていることがあるのではないでしょうか、でも、挙式とは式を挙げることですから、もう一度「あげる」と使うと重複して同じ意味の言葉を使っていることになってしまいます。

そこで本来の使い方ですと「結婚式をあげる」とか「挙式を行う」というようにすべきです。

2)K君は東急沿線沿いのマンションに住んでいるよ

この言い方もよく使われているのではないでしょうか。もうお分かりのように沿線と言うのは鉄道の線路に沿っているところですから、さらに沿いと言うのは重複した表現になってしまいます。

ですから「K君は東急沿線のマンションに住んでいるよ」で良いわけです。

3)捺印を押して下さい

仕事上よく使っている人が多いのではないでしょうか、「ハンコを押して下さい」で良い物をちょっと気取って間違ってみました(笑い)。

「捺印」という言葉自体に「押印」という意味にですからダブった表現になります。ですから「捺印」と言うことばを使いたかったら「捺印して下さい」で良いわけです。

4)空手の練習中に人差し指の骨を骨折した

これも普段使っているのではないでしょうか?「骨を骨折」では重複して使っています。

これも「人差し指を骨折した」で良いわけです

5)午後から来客が来る

このように感じで書くとすぐ解るのですが会話ですとなんとなく使ってしまうという人が多いのではないでしょうか。

来客がある」でいいわけです