日々のトレンド・NEWS・耳より情報をピックアップ

日々の様々なNEWS、出来事、情報、トレンドをあなたに代わってピックアップしています

盗難銘板中国向け出港直前で押収

3年ほど前から福井等北陸地方で橋やトンネルの入り口などに付けられている橋名やトンネル名が記された銘板が盗難にあい、どんな目的でどのように盗んで行くのかと話題になっていた盗難銘板924枚が大阪南港を出港する1日前に取り押さえられたと言うニュースがありました。

銘板と言っても一般の方はピンとこないと思いますが、良く見かけるのが学校の表札とでもいいますか「○○小学校」と言ったように学校の正門の所に埋め込まれたように設置されている金属製の板に文字が彫られたようなものです。

銘板

 

 

その銘板は鋳物やプレスで作りますので金属自体しっかりした厚みのある重いプレートです。

ですからネジが裏に付蹴られていたりして、一般的には屋外に設置しますからしっかりと止められています。

はずそうと思ってもそう簡単に外せるものではありません。

さらに橋やトンネルの入り口などに設置している物が盗まれたので当然人目につきやすい所に設置してある訳ですからそれを人目につかずにどうやって盗むかが話題になっていましたが924枚も盗んでいたのですから恐れ入ります。

この窃盗団は7人のグループで逮捕の直接の原因はこの銘板ではなくスキー場などで電線175メートルを盗んだのが逮捕の切っ掛けだそうです。

銘板は銅や真ちゅう等で出来ていますから転売目的での盗難だったようです。

盗みを働いたグループは土建業と言う事ですから、「工事中」を装って銘板を盗んでいたのでしょうか?

以前は下水マスの蓋が各地で盗まれると言うニュースがありましたが、色々な物を転売目的で盗む人たちがいるものですね。