日々のトレンド・NEWS・耳より情報をピックアップ

日々の様々なNEWS、出来事、情報、トレンドをあなたに代わってピックアップしています

喫煙者率が20パーセント割れだそうです

その昔、天皇陛下が記念タバコを下されていたそうです。

もちろんその頃は専売公社と言う今のJTとは違う販売形態でしたが多くの人がタバコを吸っていました。

高崎線や宇都宮線、東海道線と言った中長距離の電車にも灰皿が付いていて電車内でタバコが吸える時代でした。
食堂、レストランなどはもちろん喫煙可能でしたし喫茶店は煙でいっぱいでした。

喫茶店にタバコはつきものと言われていました。

夜の飲み屋さん等ではタバコのカッコイイ吸い方やマッチの使い方等如何に俳優のようにカッコよく吸うかを真剣に教わったりしました。

しかし、そんな時代があったとは思えない位今では禁煙場所が多くなっています。

そんな隔世の感があるタバコを取り巻く環境ですがJTが喫煙人口が20パーセントを切ったと発表しました。

19.7パーセントだそうです。
この数字を聞くと、逆に「まだそんなにいるの」と言う感じさえしてしまいます。

統計を取り始めてから20パーセントを割り込んだのは初めてで19年連続で減少して来ていると言う事です。

喫煙率は相は40年から統計を取り始めて41年が最大で49.4パーセントだったそうです。

二人に一人が吸って居た感じですが、女性の喫煙率は少なかったでしょうから男性の3人に2人は吸っていたのではないでしょうか。

私も学生時代は吸っていませんでしたが社会に出ると先輩がほとんど吸っていて無理やり吸わされて吸うようになった口ですがそれで一人前みたいに言われていました。

そんな厭々吸わされてもいざ禁煙をするとなったら止められず苦労しました。

それでも家族に嫌われ、自分の健康を考えて今では禁煙してから3年以上たちますが、いまだに喫煙している人を見ると可哀そうに感じます。

非喫煙者から白い目で見られ吸う場所も限られ肩身の狭い思いをしながらタバコを吸ってもおいしく感じないのではないでしょうか。

そんな目で見てしまう喫煙卒業者の上から目線です(汗)

喫煙者の中にも止められたら止めたいと思っている人もいるでしょう。

そんな人たちに私が喫煙できたグッツを紹介しましょう。

それは

「離煙パイプ」 です。

辛い禁煙は嫌ですよね。

辛い思いはしません、吸いながら止められます。

楽に禁煙出来ますから是非お試しください。

世界禁煙デー・禁煙しましょう家族の為に

1989年に世界保健機構が毎年5月31日を世界禁煙デーにする事にしたそうです。

私は禁煙をして3年1カ月ぐらいですが、それ以前は何回も禁煙に挑戦しては挫折して自分が情けなくなった事もありました。

読むだけで絶対やめられる「禁煙セラピー」などという本も買い、買っただけで禁煙出来たような気持ちになった事もありました。

禁煙ガムもありました。

ニコレットもやりました

名前を忘れましたがシールのようなものを貼った事もありました。

禁煙パイポや電子たばこで減煙と言った事も試みました。

色々思いつく事のほとんどを経験しました。

それでもやめられず禁煙は無理とあきらめかけていた時東日本大震災が発生しました。

あの津波が襲ってくる悲惨な光景を見て、長男が仙台に住んでいる事も相まって非常に強烈な印象を受けました。

息子と連絡が取れず非常に心配もしました。

そんな被災された方の大変さを少しでも感じあえればと思い、禁煙を決意。

自分の意志だけでは挫折する恐れがあったので離縁パイプの手を借りて禁煙を開始しました。

開始したと言ってもこの禁煙方法と言うのは禁煙した日からタバコをやめるのではなく、タバコを吸い続けながら禁煙すると言う方法です。

言い方が変ですが、パイプに小さな穴があいていてその穴がパイプごとに徐々に小さく設定されています。

最初は小さな穴のパイプを使ってタバコを吸い、徐々に穴の大きいパイプに代えて行きニコチンの摂取量を減らしていくという方法です。

ですから、今日から禁煙すると宣言して1本もタバコを吸わないようにすると長年吸っていてニコチン中毒になっているのですからニコチンが切れた時は言い方が変ですがよく言われているように薬物中毒の人と一緒で非常につらい思いをしなければなりません。

この中毒症状が非常につらい訳ですが、離縁パイプは吸い続けてよいのですからこの辛さがありません。

この辛さを感じないで徐々に「脱ニコチン」を勧めて行く訳です。

基本的には31本のパイプを毎日変えて行って31本目で止めるように設定されているのですが31日で止めなくてはいけない訳ではありません。

吸いたい気持ちがあればそのまま31番目のパイプを使って吸い続けても構わない訳です。

それでもその31番目のパイプではニコチンを吸っていない訳ですからもうその時点ではニコチン中毒からは解放されているんです。

後は長年続けてきた習慣と言う行為を止めるだけになっているんです。

ですから今までと少し変えた朝の習慣にすればよい訳です。

食後の1本、電車に乗る前の1本、電車を降りた時の1本、これらの習慣的に行っている行為を忘れるようにしていけばよいだけです。

一番厄介なニコチン中毒からはもうこの時点で解放されているのですから、習慣を変えるだけで禁煙は出来ます。

私もこの離縁パイプでニコチン中毒から解放されました。

あなたも今日これからすぐに行動に移して下さい。

禁煙は絶対に出来ますから・・・あなたが禁煙すれば奥さんお子さんが喜びますよ。
離縁パイプ