5月も半ば、今日は初夏の気温です

いかがお過ごしでしょうか?

令和の話題もそろそろ落ち着き初の10連休のゴールデンウィークもやっと影響が薄らいてきました。

私も連休の前半に遊びに来てくれた孫たちと楽しい時間を過ごしましたがその見返りに喉風邪を最後に行ったトーマスランドやその後のフードコート辺りでもらってきて今日までの2週間久し振りに本格的な喉風邪で苦しみました。

当初のどに違和感を感じたのですが、そのうち喉に傷があるかのような痛みに襲われ痰がひどく灰色の痰と咳が続きました。

連休で掛かりつけのいお医者さんが休診で売薬でしのぎましたが夜中の咳や痰は本当に何十年振りかの事でした。

今日あたりは咳は出なくなりましたが胸の上部がまだスッキリしません。

そんな事を言っている間にすっかり初夏の気温になってきました、夏日が毎日のように続いています。

イチゴもすっかり赤くなりご近所の3歳の男の子の口に入っていきました。

 

 

 

 

玉ねぎもすっかり倒れてその成長を毎日楽しみにしています。

今は直径が5~6センチ位までになりました。

この位迄なれば自分としてはほぼ満足といったところです。

まだ葉が青々としていますのでしばらくこのまま放置して枯れてきたら収穫します。

家庭菜園初心者の頃収穫をして乾燥、干さずに収穫をしてすぐに葉を切り落として箱に入れて新聞紙をかけて保管をしていたら部屋に異臭が発生、何事かと思い部屋を見回すとどうも玉ねぎの箱がその原因と判明、新聞紙を外すとなんと玉ねぎがほとんど腐っていました。

玉ねぎはしっかりと乾燥させてから保管という大前提を守らなかったから起きた事件でした。

 

夏物野菜を植え付けました

ゴールデンウィーク真っ盛りの5月3日ですがいかがお過ごしでしょうか?

4月27日に長男夫婦が孫3人を連れて遊びに来てくれて3泊して帰ったのですが2歳半の双子の世話で一苦労、そして出掛けた先のむさしの村や東武動物公園、トーマスランド三郷での混雑、その後のフードコートでの食事など普段の生活とはかけ離れた行動で喉風邪をもらってきて今日は喉が激しく痛み午前中は寝込んでしまいました。

それでも午後からはキュリやナス、トマト、ピーマンなど自宅で育てていた苗たちを定植しました。

 

 

 

 

 

イチゴも順調に育ってきています

 

 

 

 

 

赤玉ねぎも根の部分の丸さが目立つようになってきました。


あと1月位すると今青々と真っすぐ伸びている葉の部分が萎れて倒れてくるようになると収穫です。

赤玉ねぎは辛味が少なく生食に適しているので大好きで成長がすごく楽しみです。

GWも後半ゆっくり休んで英気を養っておきましょう。

苗の準備を始めました

花冷えの寒さも一段落、本来の春の気温に戻った埼玉東部です。

そこでプランター菜園の意欲がムクムクとうずいて来て苗を購入してきました。

とりあえずキュウリ4本、ナス4本トマト4本ピーマン2本、パプリカ2本です。

それぞれうどんこ病に強いとか接木苗とか種類をいろいろ取り混ぜて購入、家についたらこのような水槽に入れてHB-101の水溶液につけて埼玉東部の気温に順応するように育てます。

例年2週間位こうして様子を見て定植するようにしています。

 

そして、イチゴはこんな感じです。


今年は次々と花が咲いてきているので楽しみにしています。


ニンニクはこんな感じで育ってきています、特に病気も、虫も付かずに今のところ順調に来ていると思います。

ただ、初めてのニンニクなのでこの後枯れるまで液肥をやるだけで良いものなのか手探り状態です。

後は玉ねぎですが、こちらも順調に来ていて例年寒さにやられたりするのでそれを見越して密植気味に一つのプランターに購入した苗を全部植えてしまったのですが、それが今年は裏目に出て苗全部が順調に育ってきています。


赤玉ねぎなので根本に近い部分は既に赤みを帯びて1センチ位の太さに育ってきています。

夏の暑い時期になっても赤玉ねぎのスライスを生食するのが大好きです。

黄玉ねぎほど辛味がなく生食には赤玉ねぎのほうが適していると思います。

いよいよ今後は本格的に暖かい日が続くようですのでプランター菜園が楽しくなりますね。

三寒四温

桜の花が満開というこの時期に冬に逆戻りの寒い埼玉です。

曇天で太陽の光が届かないと本当に寒いですね、寒さが苦手な私は外に出るのが苦痛です。

3月も明日で終わり、いよいよ春本番の4月です。

それに合わせるように先週の椿に続いてもみじの葉が開き始めました。


秋の紅葉より私はこの時期の芽吹きの葉がとてもきれいで愛おしく感じます。

寒い冬をじっと耐え暖かい春を待ち焦がれてきたように生き生きと芽吹いて来ます。

なんとなくよちよち歩きの幼児と重なるように感じます。

さて、プランター菜園ですが最後の白菜を収穫しました。


外葉は鳥に突かれたりしてきれいとは言えませんが

それでも切ってみれば


十分鑑賞に耐えられます(^^

小さい方は花が咲く寸前でした。

これで今年の冬野菜は、後はほうれん草を残すのみとなりました。

ほうれん草はまだ4月いっぱいは食べられそうですから春のシーズンインの準備をしながら味わいたいと思います。

三寒四温。

冬が行きつ戻りつしています、私は早く行って欲しいものだと切に願うばかりです。

春の使者 椿の花が開きました

我が家で春を実感するのは椿の開花です


私がこの建売の家を購入した時に実家からもらってきたのですが母が大事に育てていたので今ではこの花が咲くと亡くなった母親のことを思い出します。

ネットで調べると蝦夷錦という品種のようですがこの花が終わるときゅうりやナスの苗を植える時期がやってきます。

 

 

今週の収穫は3月19日にキャベツと白菜



 

 

 

 

それぞれを2つに切るとこんな感じでした。

白菜は芯がだいぶ大きく太くなっていてギリギリセーフと行ったところです。

21日にはほうれん草、大根、葉ネギの収穫です。

 

 

 

 

 

 

葉ネギはトースターで少し焼き晩酌の肴として美味しく頂いています。

今日は白菜とほうれん草の収穫です。

今回の白菜はまだ芯も成長してなく黄色の部分も多く理想に近い形でした。



そうそうイチゴも花が咲き暖かさとともに上を向くようになりました。


いちごの旬は12月だと思っている人が結構多くいますがそれはクリスマスシーズンに合わせて人為的にハウスで作ったもので
露地栽培でのいちごの旬は5月なのですが知らない人が多いですね。

昨日、一昨日と寒の戻りで寒く冬の洋服姿でしたが今日の日中はまた暖かさを感じる一日でした。

三寒四温少しづつ春になっていきます。

風邪など引かないようご自愛ください。