プランター菜園は黄色い花が春を連れてきます

春のお彼岸の後暫く寒の戻りが有りましたが昨日辺りからより本格的な春到来といった気温になってきました。

いよいよ菜園シーズンの幕開けです。

ミニ白菜、ミニカブ、ミニキャベツの花が咲きました

RIMG2258

RIMG2261

 

 

 

 

 

RIMG2262

こんな感じです。

この黄色い野菜の花の他に我が家では

こんな椿の花が咲きます。

RIMG2264

 

以前実家で母親が大事にしていたものを我が家で引き取り植えたのですが品種を忘れてしまい、調べた結果江戸錦と言う品種のようですがよく解りません。

とりあえずきれいですのでこの季節の楽しみの一つです。

RIMG2267

赤玉ねぎの苗はここまで太くなってきました。

花を楽しみ、そして今シーズンに向けてプランター菜園の準備に入ります。

今年は何を植えようかと考えるこの時期が来るとワクワクした気持ちが湧いてきます。

あなたはいかがでしょうか?

 

最後の白菜とブロッコリーと春植え面白野菜

「暑さ寒さも彼岸まで」とは言い古された言葉ですが、本当に季節を言い当てていますね。

ただ、今週は冬が戻ってくるような予報になっていますのでもう少し辛抱です。

冬野菜もそろそろ終わりにして春野菜の準備をしたいとことですが、ムクドリに荒らされた白菜やキャベツなど収穫できなかった野菜に黄色い花を咲かせてから終わらせようとしています。

ミニカブは既に黄色い花を咲かせています。

今日は白菜とブロッコリーの最期の収穫です。

RIMG2250今年は少し変わった野菜を作ってみようと計画しています。

最近出来たホームセンターへ行き色々物色をしてきました。

果たしてプランターや鉢で栽培できるのかと思いながら無謀な挑戦をしてみようと思い買ってきたものも有ります。

その最右翼がコレです!

RIMG2252「ウド」と「ミョウガ」です。

今まで、畑でも作ったことがないので全く初挑戦です。

ネットでプランター栽培でうまい方法がないかちょっとググってみようと思っています。

この2種の他

 

RIMG2253RIMG2256生姜、わけぎ、葉ニンニクを購入してきました。

いずれも自分の好きなものですのですごく成長が楽しみです。

近くに出来たホームセンターは規模としては小さなお店ですが私にとっては便利な存在になりそうです。

キャベツとブロッコリー少々

春めいた日がやっときたかと思ったら冬の寒い日に逆戻りしている埼玉東部です。

太陽の陽が届かないと背中が丸まってしまいます、寒さが身にしみる昨今です。

そんな寒さの中唯一外に出てキャベツを収穫しました。

RIMG2248図々しくなったムクドリから守りぬいた可愛いキャベツです。

他のキャベツは握りこぶしくらいにしかなっていませんがこれだけはご覧の通り左右15センチ位になりました。

他のキャベツに比べて何故これだけが15センチ位にまで育ったからというと・・・・

50センチ位のプランターに一株だけ植えていたからです。

同じ大きさのプランターに2株、3株植えた苗はやはりまだまだ小さいままです。

やはり貧乏根性出して少しでも多く収穫しようと思ってもそうは問屋がおろしてくれませんでした。

コレが自然の摂理というところでしょうか。

 

ミニカブとブロッコリー少々

天気が小刻みに変わるようになってきました。

季節の変わり目ということですね。

暑さ寒さも彼岸までと言われています、あと20日くらいということです。

もう少しの辛抱ということですね。

ムクドリがどんどん図々しくなってきて我が家のプランター菜園を荒らしまくっています。

それにしても雑食ですね、金柑の実をつついたり干し柿を突いているのを見ましたし、干してあるミカンの皮も食べています。

毎年ブロッコリーの葉は食べられていましたが今年はそれだけでなくキャベツやレタス白菜をも突かれて落胆しました。

ベタ掛けシートを外したのが大きな間違いでした。

そんな思いの冬ももうすぐ終わり菜園シーズンももう目前に来ているということですね。

ダイソーで購入したミニカブの種は大成功でした。

ミニカブの葉はムクドリにとって辛いのでしょうか、手を出しません。

お陰でミニカブだけはビニールを掛けずにセイコウでした。

RIMG2244ブロッコリーは小さな花芽を少し収穫です。

早く暖かくなって欲しいですね。

道東の吹雪の様子を写したニュースを見ると震えてしまいます。