身近に春を感じています

暑さ寒さも彼岸までと言われていますが、本当に暖かい日が続くようになりました。

桜の花も一気に満開になり主のいない校庭をピンク色に染めています。


私は寒がりですからこれから寒くなる秋よりこれから暖かくなる春のほうがワクワク感があって好きですね。

もみじも秋の紅葉よりもこの時期の芽吹きの緑色のほうが春らしい勢いを感じて好きです。

この椿の花も我が家の春を告げる花です。

蝦夷椿という種類のようです。

 

 

 

更に、我が家の近くではこんな花も見ることが出来ます、何の花かわかりますか?


桜の後に咲く白い可憐な花です。

棚の上に咲いています。

 

 

 

そうです。

梨の花です。

この花が咲くと春本番と言ったところです。

 

 

 

 

 

 

 

キダチアロエの植え替え

若い頃、飲みすぎて二日酔いで胃がムカムカした時やちょっとした火傷で水ぶくれが出来たときなど便利に利用してきたアロエ。

正式名称はキダチアロエという種類ですがひとり暮らしを初めた時に実家からもらってきて以来チョコチョコ利用していますが今年の大雪で壊滅的な被害を受けてしまいました。

水分をたくさん蓄えているので寒さに会うとその内包している水分が凍ってしまうそうですがこんな状態になってしまいました。

そこで暖かくなった昨日枯れた部分を切り落として植え替えることにしました。

生命力が強く水も肥料も与えなくても育ちますから非常に手間いらずです。

それを良いことに3年位放置状態でしたが御覧ください、根が鉢の形をしていっぱいになっていました。

 

 

 

 

 

 

 

それともう一つ驚いたのが6鉢有ったのですがナメクジなどの害虫類が一匹もいませんでした。

これもキダチアロエの持っている作用なのかもしれません。

そんな事を考えながら丸々一日がかりでこの様にしました。

今までは屋根の無い玄関先に置いていたのですが今回からは狭くなりましたが北風の当たらない軒下に移動しました(^^)

これでまたしばらく手のかからないそして役に立つアロエに成長してくれることでしょう。

寒の戻りで真冬のような埼玉東部です

「暑さ寒さも彼岸まで」と言われていますがその春分の日がまさしく寒の戻りになっています。

先程は雨に混ざってみぞれが落ちてきていましたし窓ガラスが曇っていました。

先日東京では開花宣言がありましたがあまりにも早い開花にストップを掛けるような寒い春分の日です。

今日は雨のまだ降る前に水菜と大根、それとなり損ないのキャベツを収穫しました。

水菜はビニールを被せて冬を越しましたがサラダや鍋に入れたり3鉢作りましたが大いに満足行く出来栄えでした。

大根も2本とも25センチ位の長さで太さはありませんが葉も楽しむ私にとっては上場の出来と言って良いと思います。

後は失敗作のキャベツになりきれなかったキャベツも収穫、これでほぼ冬野菜は終わりになりました。

 

 

 

 

 

 

後は初めて試みた親子菜というのがありますが、これがほとんど成長が見られないのです。

もうしばらく様子を見てみますが期待作だったので諦めきれずにまだ様子見の状態です。

先日ネットで注文した「ヒトデ+米ぬか活力剤」が届きました。

思っていたより量が少なかったのですがその分効果がありそうです。

根の張りを促す効果が大きいようですのでキュウリには良い効果を発揮してくれるのではないかと今から楽しみにしています。

明日からは春の陽気が戻ってくるようです、寒いより暖かい日の方が良いですね。

 

チンゲン菜の花を知っていますか?

世の中は靖国神社のソメイヨシノが開花してニュースになりますが我がプランター菜園日記ではチンゲン菜の花で彩らせて頂きます。

河津桜やソメイヨシノなど春の木に咲く花はピンク系が多く咲くようですが畑で春に咲く花は黄色い花が多いですね。

ブロッコリーや白菜なども黄色い花が咲きます。

畑の春は黄色い花と共にやって来ると言ったところでしょうか。

 

その花が咲く前に今週は多くの収穫を楽しみました。

まず12日白菜

13日キャベツ

 

 

 

 

 

 

 

15日白菜

 

 

 

 

 

 

 

16日ブロッコリーにわさび菜

 

 

 

 

18日キャベツに大根
こんな具合です。
いずれも小ぶりのものですが採れたてを食べるという贅沢を楽しんでいます。

写真は取り忘れていますが昨晩はみず菜も鍋に入れてたらふく食べました。

そろそろゴールデン・ウィークからの新たなシーズンに向けて肥料や連作にならないような計画などを練る時期になってきましたね。

私は先日ネットで「ヒトデ+米ぬか活力剤」というのを見つけて購入しました。

右上のアマゾンの商品です。

まだ届いていませんがどんなものなのか非常に楽しみです。

 

曇り空の肌寒い中EM菌ぼかし肥作りをしました

前線が東の海上に出て晴れの空になるかと思っていたら昨日の土曜日も、今日も曇天で肌寒ささえ感じています。

昔から三寒四温という言葉の通り春先は不安定な気候が多いですね。

通常週1の更新を破り火曜日に白菜とキャベツの収穫で更新しましたが金曜日にもう一つ白菜とキャベツの収穫をしました。

白菜の外葉は1月23日の大雪で凍って一部枯れたようになっています。

キャベツも鳥や雪の影響で大分外葉が傷んでいましたが、結構ずっしりと来ています。

そしてそれぞれを二つに切ると

 

このような状態でした

そして今日いよいよプランター菜園の始まりに備えてEMボカシ肥料を作りました。

材料は市販されているEMぼかしの作成用キットです(^^

これに、この様に砲弾型にならなかった白菜を細かく切って入れていきます。

 

 

 

 


白菜を切り刻んだものとEMボカシ剤を交互に入れてこのようにしました。

上記の白菜4個とブロッコリーの葉を少し入れて結構な量になりました。

これで蓋をして一月くらい放置します。4月の中旬にこれらを土と混ぜ合わせておいて5月の連休に2018年度のプランター菜園の始まりと計画しています。

今年はどういう訳か玉ねぎの根付きが悪くずいぶん枯らししまいましたが残った苗がここまで育って来てくれました。

 

 

今日の収穫はみず菜とブロッコリーの側芽です。

埼玉育ちの私の記憶では子供の頃みず菜のことを京菜とよんでいました。

最近はこの呼名をほとんど聞かなくなってしまいましたが私の中では相変わらず京菜とよんでいます。

今週は明日以降5月の気温になるような予報がされていました。

どんどん暖かくなって欲しい寒さ嫌いのおじさんです