退院、冬野菜の植え付け

台風21号の突風で倒れ緊急入院していた女房が20日退院出来ました。

突然の出来事に振り回された16日間でしたがなんとか日常生活に戻れました。

ただ、まだ完全に治ったわけではなく休み休みリハビリ的に動いていると行った状況です。

それでも私にとっては病院へ行くという行動がなくなっただけでも時間の制約がなくなりホッと出来ています。

そこで出来なかった夏野菜の片付けと冬野菜の植え付けを連休を使っていっぺんに片付けました。

 

 

 

 

 

 

 

白菜8株、キャベツ5株、ブロッコリー4株をとりあえず植え付けました。

去年は秋の期間が短く寒さが早くから来ましたので今年は少しでも早く植え付けをしたいと思っていた矢先の事故でしたので一安心です。

まだ、ナスのプランタースペースやピーマンの鉢など夏野菜を残している部分もありますのでじっくりと考えながら追加していきたいと思います。

私の大好きな穂紫蘇の天ぷらは今の女房の状態では無理そうなのでうどんやそばを食べる機会に麺汁に入れて利用しています。

一年でこの時期限定のお楽しみですが仕方ありません。


台風24号が南の海から北西の方向に移動しています。

まだ方向が確定していないようですが動向に注意していきたいですね我が家では尚更です。

台風21号、胆振地震、そして転倒、救急搬送いろいろな事が起きます

台風21号が大きな被害を残して去っていったと思ったらすぐに北海道で震度7の地震。

我が家では女房がスーパーから買い物を終え出たところを台風の突風にあおられて転倒救急搬送され今も入院中。

頭を打っているので動くこともままならずベットで30度位の角度で起き上がって座っているのがやっとの状態です。

動き回れるようになるにはまだまだ時間がかかりそうです。

そんな事があり1週間位プランターから遠ざかっている時間があったのですが、ふと築いてみるとトマトがオオタバコガという虫に侵されていました。

こんな小さな青虫です。

ミニトマトに穴を開けて食べていったり枝先に食らいついて枝を折るように動き回ります。

保護色をしている上小さいので見つけるのは非常に難しい状況です。

お陰で最後の楽しみにしていたミニトマトは

こんな状態になってしまいました。

ピーマンに穴を開けるのも同じ仲間のタバコガという虫だそうです。

それにしてもちょっと目を話した好きにいろんな事をやってくれるものです。

これでそろそろ夏野菜も終わりの時期が来たようです。

ただ、病院通いが有るので片付けは少し先になってしまいそうです。

それにつられて白菜を植えるのが遅くなってしまいそうです。

いろいろ予想しないことが起こります、みなさんも十分ご注意ください。

台風21号が心配ですね

異常気象と言われ続けた夏も終わりに近づいてきています。

今日の埼玉中東部は家の中で26度という涼しさです、ここ2.3日は雷雨の日々が続いて昨日一昨日と2日続けて短い停電が発生しました。

停電なんて久し振りだと感じたのですがそれが2日も続くとはこれも異常です。

秋雨前線の影響で日本列島各地で大雨の被害が出ているようですが雨の降り方も異常ですね、山形の方では8月に2度目の川の氾濫で浸水被害を受けた方が報道されていましたが、落ち込んでしまいますね。

更に台風21号が列島を縦断しそうに迫ってきています。

非常に強い台風だと報道されていますが2度目、3度目の被害が出ないことを祈るばかりです。

これは病気でしょうか?

ピーマンの実の一部がベージュ色に変色して放っておいたら穴が空いてしまいました。

まだ、この2個だけですが原因不明です。

生き物ですからいろいろなことが起こります。

これもまた楽しからずや。

台風21号十分にお気をつけください。