トマトの花は同じ側に咲く?

前回の投稿の際にまだ定植していないトマト苗が1本あることを書きました。

その理由は花が付いてない苗を買ってきてしまい、花が咲くのを待っている為だということを書きました。

その理由は「トマトの花は同じ側に咲く」という定説を聞いているためなのですが、今回育てているトマト苗にその定説を覆すのではないかと思える苗が一つありました。


このトマト苗なのですが、下の花は手前側にありますが上の蕾は向こう側を向いています。

 

 

 

 

 

 

 

通常は2枚目の写真のように同じ側に花は着くと言われていますのでびっくりです。

しばらく様子を見てみますが何処にも人と違うことをしたいというタイプの人がいますからトマトの世界にもそんな変わり種トマトが存在するのかもしれませんね。

連休最終日の今日は西の方から雨が降り始めているようです。

私の住む埼玉中東部は田植えもほぼ終わって私の好きな季節の到来といったところです。

5月生まれということもあるかもしれませんが5月は中学高校とちょうど中間テストの時期になります、子供の頃はその誕生月に中間テストが重なることでよくイライラしていました。

そんなイライラを紛らわすため自転車に乗って田んぼを見に行ったものでした。

30センチ位に育った稲がそよそよと吹く風に揺れるさまを見てなんとなく癒やされ心を落ち着かせたものでした。

その当時と今見ている光景は違いますが稲が植えられた田園風景は今でも私の心を和ませてくれています。

そうそう、途中でこんな風景を見つけました。

解りますか?
葱畑のネギ坊主の集団です。

 

 

 

 

 

こんな光景を見ていると癒やされますね。
都内のマンションで仕事をしている時、極たまに忙しい時に事務所に泊まったことがありました。
朝起きてカーテンを開けて外を見た時、目の前にも同じようなビル群が並んでいる光景を見て「都内では暮らせないな」と思ったことがありますが便利な暮らしより四季のある自然の中の暮らしが私は好きですね。

あなたもきっと同じではないでしょうか?