鳥よけ不職布を取ったらブロッコリーがたくさん採れました

キャベツやブロッコリーの葉を食べる鳥はムクドリかヒヨドリかと言われていますが私のところに来ていたのはヒヨドリだと断定しましたが、そのヒヨドリも最近はあまり見なくなったのでキャベツやブロッコリーを覆いしていた不職布を外しました。

意外にも側花蕾が結構多く付いていました


ボールいっぱいのブロッコリーと3回目の収穫になるみず菜大きくなりそこねたキャベツです。

それともう一つレタスも覆いを外しました。


 

 

 

 

結構大きくなっています。

暖かくなってどんどん成長して見事結球することを願っています(^^

レタスの向こう側は赤玉ねぎです。これも今年はいい感じで来ています。

苗が期待通りに成長してくれて太さ1センチ位になっています。

スライスして生食が好きなので大いに楽しみにしています。

サクラの開花宣言後又冬に逆戻りしたような朝晩ですが日中は確実に春のような暖かさを感じるようになってきました。

もう少しで春が目の前に来てくれることでしょうEM堆肥を作って待っているよ!!!!

春だ!プランター菜園の季節到来!

昨日の土曜日も暖かでしたが今日も春本番を思わせる様なポカポカの気温です。

啓蟄の今日ですがもうアブラムシや小さな虫が出て来ていました。

春本番と言うことで収穫も色々です。


みず菜とブロッコリーですが、みず菜の再生力は凄いですね。


 

 

3週間前に根を残して収穫した部分がもうこんなに延びてきました。

 

白菜は5個目でキャベツは3個めです。

キャベツは切っていませんが白菜はこの様にしっかりと撒かれていました。

これまた、大成功です(^^


前にも書きましたが今回の白菜の成果を見てプランター=ミニという考えでしたがその考え方を改めようと思います。

プランターでも十分普通サイズの野菜が作れるということがわかりました。

ますますプランター菜園が楽しくなってきました。

不職布で覆っておいたレタスがこの位迄成長してきました。

不職布を外そうかどうか迷いましたがもうしばらく待つことにしました。

三寒四温、暖かな日がドンドン増えて春本番まであと少し、楽しみですね。

キャベツとレタスの芽が出ました

立秋が過ぎた頃から朝晩の気温が随分と涼しくなったようですね。

次に来るのが「暑さ寒さも彼岸まで」と言う季節ですが本当に去りゆく夏に寂しさを感じてしまう今日この頃ですが皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

先週蒔いたキャベツとレタスの芽が出てくれました。

両方共去年の種でしたので少々不安でしたがキャベツは満点、レタスは70点位の発芽です。

RIMG0055RIMG0056

 

 

 

 

RIMG0058左上がキャベツのポットでの発芽状態で右上がレタス、左下がプランターに直播きしたものです。

家庭菜園ですとある程度スペースがとれるので種袋の種を結構使ったのですがプランターだとどうしても一袋だと余ってしまいます。

100均の種に気付く前にホームセンターで買った種で残っていてもったいなかったのでテストしてみましたが、良とします。

そろそろミニトマトも終盤戦です。

今年は敢えて1本仕立てにしないで脇芽を放任状態で伸ばしての栽培でしたが、量的には1本仕立ての3倍位の収穫でしたが大きさ的にはやはり小ぶりになりました。これはどちらかを選ぶのですから仕方のないことですが素人的には収穫量が多いほうが気持ちは良いですね。

8月10日

RIMG00498月12日

RIMG0050

 

 

 

8月14日

RIMG00528月16日

RIMG0059

 

 

 

先日梅雨明け以来と言えるような雨が振りました。土砂降りの雨でしたが我が家の地域は雨雲が避けて通るような感じで梅雨明け以来本当に降りませんでしたのでご近所で家庭菜園をされている方が「やっとふってくれました」と言って喜んでいました。

降っても降らなくても困ったもんですね。

3月に戻ったような寒さです

5月6日、連休最終日ですが埼玉は3月に戻ったような寒さです。

13度位しかありません。

25度近くの日が続き満を持して植えたトマトやキュウリの夏野菜の苗が寒さに震えています。

昨日の天気予報でも19度前後でこのように寒くなるとは言っていませんでした。

自然には勝てませんから苗達に頑張ってもらうしかありません。

今日は種を撒いて育てているキャベツとレタスの間引きをしました。

RIMG1727こんな状態まで来ましたので1本又は2本にするつもりです。

その結果、こんな状態にしました。

RIMG1728土を少し足して苗が安定するようにしました。

畑の土寄せですね

 

 

 

スッキリしました。

これで1週間から10日したら定植出来るでしょう。

種から育てている赤玉ねぎですがここまで来ました。

RIMG1731

太さがやっと鉛筆程度になって根元が太みを増してきています。

10月に種まきをしたのですが、昨秋は急激に寒くなって成長が止まり今年年明けの2月上旬になってやっと定植。

よくぞここまで育ってくれたものです。

RIMG1556左下のこんな状態でしたから育ってくれているこの現状で感激しています。

通常11月中旬に定植するべきなのですから3カ月遅れの定植でした。

収穫は本来なら6月中旬ころになるのですが、葉の部分が折れて倒れたら収穫になるのですが今回はいつごろどこまで育ってくれるやら。

こちらもワクワクして見守っています。

少し励ましの追肥をしました。

RIMG1733何も手を加えていませんが、イチゴがこんな状態になっていました。

ほぼ放置状態です。

今年あたりは土を代えて植え替えをしてやらなければならないでしょう。